屋外広告物への法規制と現場の実情

知らず知らずに法を犯してしまう危険

屋外広告物には法律が課せられています
屋外広告物は、「屋外広告物法」と「屋外広告物条例」に従い、禁止区域や規模・構造等の制限が具体的に定められています。このため屋外広告物を掲出する際には、行政へ「屋外広告物許可申請」を提出し、掲出許可を得る必要があります。
しかし…
この過程で広告主が知らないうちに、法を犯しているケースが非常に多いことはご存知でしょうか?
たとえば…
看板業者が違反と知りつつも利益を優先するあまりに、屋外広告物許可申請をせずに掲出することがあります。
→ 未申請
また、仮に申請を行ったとしても、図面と実際の看板が異なってることがあります。
→ 虚偽申請
つまり…
看板業者や現場担当者のコンプライアンスに対する意識が低いのが実情です