屋外広告に関わる法律と規制について

屋外広告に関わる法律

屋外広告物法 → 屋外広告物の定義、屋外広告業の定義、屋外広告物の制限、違反に対しての措置、罰則など「屋外広告」に関わる規制の基準を定めた法律。
     
各都道府県及び市町村
屋外広告物条例
→ 屋外広告物法に基づき、各都道府県及び市町村と各住民・広告主・広告業それぞれの責務や、具体的な禁止区域、禁止物件、掲出許可の申請、規制、管理者義務、審議会等について基準を定めた法律
  • その他景観法、建築基準法、都市計画法、文化財保護法、各都道府県及び市町村文化財保護条例、森林法、自然公園法など。
屋外広告物の規制(東京都の場合・抜粋)
許可基準図   禁止区域
figure  
  • 第1種・第2種低層住居専用区域、第1種、第2種中高層住居専用区域、緑地保全地区、美観地区、風致地区などは東京都屋外広告物条例に基づき禁止区域が指定されている。
  • 鉄道及び軌道の路線用地から展望できる野立広告物とこれに類するものは、距離、間隔、高さ、面積、表示方法に規制がある。
  許可申請手数料及び許可期間
 
  • 屋外広告物の許可を受けようとするものは、行政に手数料を納入すること。
    ※広告塔、広告板は、5までごとにつき、3,220円(許可期間:2年以内)
    ※都道府県によっては、広告物に許可等証票を貼付することを義務付けるなどの規制があります。
picture
屋外広告物許可等証票 貼付の義務
(和歌山県の場合)